時間はかけたくないけど、野菜やお肉をしっかり食べて、健康に過ごしたい。
その思いで、週に7食は「鍋」をしています。

鍋は栄養がたっぷり取れて嬉しいし、美味しいのですが、続くと飽きてしまいます。その場合、出汁の味を変えるのも有効ですが手っ取り早いのは、いつもの「ぽん酢」以外のつけダレを使うこと。そこで、息抜きの10分間で超お手軽にできるタレの作り方をご紹介します。

★超簡単ピリ辛しょう油ダレの作り方
<材料> お酢、しょう油、砂糖、ごま油、豆板醤
<機材> 耐熱容器、保存容器

<1> お酢 100ml を耐熱容器に入れます。(500mlの計量カップが便利です)
お酢

<2> レンジ 600W で2分 (沸騰して15秒ぐらいが目安)

<3> しょう油 100ml を追加します。
しょう油

<4> ふたを抑えてシェイクしてもこぼれない保存容器に移しかえます。
保存容器

<5> 砂糖 大さじ2、ごま油 大さじ1、豆板醤2cm(または小さじ1)を追加します。
(豆板醤はチューブタイプが便利です。)

<6> 粗熱が取れるまで放置し、その間に材料などを片付けます。

<7> 容器のふたを抑えて砂糖が溶けるようにシェイクして完成です。冷蔵庫で保存してください。
完成

<補足>
・ごま油が分離するので、食べる直前にもシェイクします。
・添える薬味としては白ネギ粗みじん切がよく合います(あれば)。
・使用した容器は下記で購入しました。
  耐熱容器(500ml軽量カップ)はこちら 
  保存容器(300mlドレッシングボトル)はこちら

★ぽん酢+大根おろし
このタレを作る以外の、もう一つの脱マンネリ方法として、ぽん酢に「大根おろし」を添えて食べるのもおすすめです。
薄切り肉のしゃぶしゃぶにとても良く合いますし、ぽん酢だけのときとは全く別の料理に早変わりします。