市販のぽん酢は、砂糖や保存料などの添加物がどうしても多くなるので、作り置きをしています。
レンジだけで簡単にできる、手作りヘルシーぽん酢の作り方をご紹介します。

★材 料
みりん、お酢、しょう油、レモン果汁   (参考)【レクチンフリー】調味料リストの記事

★作り方 
<1> お酢、みりん 各50ml を耐熱容器に入れます。(500mlの計量カップが便利です)

<2> レンジ 600W で2分 (沸騰して15秒ぐらいが目安)

<3> しょう油、レモン果汁 各100ml を追加します。保存容器に入替えたら完成です!

★(補足)おすすめの保存容器をご紹介します。
Trudeau(トルーデュー)オイル&ビネガーボトル

使い方の写真が一人でうまく撮れなかったのでamazonから拝借

上の画像、わかりますでしょうか。
傾けるだけでふたが空くので、片手だけで扱えてとっても便利です!

お手入れとしては、くちばしの空き加減が悪くなったら、分解して、さっと洗浄します。

ふたの部分は、「パッキン(写真手前)」「先端(写真右上)」「リング(写真左上)」の3つの部品で出来ています。

分解は簡単なのですが、組み立ては、少しコツがあります。

まず「パッキン」。
こんな穴があいていて、ここからぽん酢が出てきます。

「パッキン」の裏面。
写真手前に、凹型のくぼみが一カ所あります。この凹部がポイントです。

「先端」
写真右に、凸型のでっぱりが一カ所あります。

ここと「パッキン」の凹部を合わせて取り付けます。

「リング」の裏面。
首が細くなっているところに、凹型のくぼみが一カ所あります。

「リング」の凹部に、パッキンを取りつけた「先端」の凸型の部分をすぽっと入れます。
これでふたの組み立て完了です。

この状態で、びんに載せて廻して、廻らなくなったら完成です!

ちなみに、廻すときの摩擦で「リング」と「先端」の凹部と凸部がずれてしまうことがあるので、少し先端を引き上げながら廻すと間違いないです。ずれたままですと最後まで廻りきらない感じが残り、注ぐときに液だれします。

鍋を食べながら、何度か継ぎ足すことも多い「ぽん酢」。片手で出来るのはとても重宝しています。
Trudeau(トルーデュー)オイル&ビネガーボトル