福岡はどこのお店も美味しい。
通りすがりのお店にふらっと入っても、ほぼ美味しい。だけど、毎日通いたいお店は限られます。

砂糖や塩の味付が控えめで、食材の火の通り加減が抜群にいいお店は、体にもいいし毎日でも行きたくなります。
でもそういうお店は東京だと神楽坂みたいな少し高級な(料亭みたいな)イメージがあります。

そこで今回は、福岡の大名という好立地ながらも、お値段とお味のバランスのよい貴重な居酒屋として、こっそりこのお店をご紹介します。
「海鮮食堂すいか」

店の前

店に入ると家庭料理がカウンターに並んでいて、まず心をつかまれました。
カウンターに並ぶ美味しい料理

2名分の付き出しこんな感じ
付き出し
さっそく2種類食べれるのが嬉しいサービスです。

まず「がめ煮」を注文しました。
がめに
根菜にちょうどよい加減に味が浸みていて「砂糖と塩の味付け」が絶妙です。おかわりしたいぐらい。

次に「とり大根」
大根
大根の火の通り加減が絶妙なことと出汁の優しいお味がとても美味しかったです。ちょっと感涙しました。

刺身盛合せ。
刺身盛合せ

さんまの玉子焼
さんま巻き

いわしの梅揚げ。
いわし梅

自家製さつま揚げ。
さつま揚げ
さつま揚げというと、かまぼこと似た歯ごたえのものかなと思っていましたが、豆腐みたいに柔らかくて、なんでしょう、山芋のような、ふわっと・とろっと感の、美味しいさつま揚げでした。
カウンターの中で店員さんが、生地を、両手でパンパンっと仕上げている姿がいい感じです。

日本酒が合います。品ぞろえも豊富です。
日本酒1

福岡大名の、毎日通いたくなるお店を、ひそかにご紹介しました。