福岡といえば「もつ鍋」
もつ鍋の専門店を訪れるのは観光客が中心のようで少々お値段が高いですが
有名もつ鍋専門店も、ひとつぐらい抑えておきたいですよね。

そこで「やま中」赤坂店に行ってみました。

地下鉄空港線「赤坂」駅から南に歩いて数分で右手に看板があります。
老舗ホテルのエントランスのような不思議な空間を通って2階にあがります。

階段の踊り場に
高校生入店禁止

高校生入店禁止の貼り紙があります。オトナだけの空間なのですね。

受付もホテルのロビーのようにずらずらっと!
40名ぐらいがどっと来ても対応できそうです。
19時に予約して18時40分に到着。
私「早く着いてしまったのですが・・・」店員さん「大丈夫です(ニコ)」ありがとうございます。

通されたお部屋は、4人がけのテーブルが12台ぐらい並んでいます。
テーブル座敷
※掘りごたつではありません。

まずは生ビールを注文すると
ビールと枝豆
「アルコールの付出しで、枝豆です。」とのこと。
誰もが注文する枝豆が付出しとは、合理的でいいですね。

そして鍋の合間に、何かつまむものをと、明太子を注文。
(後でわかったことですが鍋は出来上がった状態で持ってきてくれるので「合間」はさほどありません。)
明太子

この明太子ふっくらしていて、想像より直径が倍ぐらいありました。
お味は、唐辛子の辛さはあまり強くないので食べやすいのですが塩分はちょっと濃いめ。
ボリュームもあって明太子だけで3杯行けます。

もつ鍋は「しょう油味」と「味噌味」があったので迷ったのですが
店員さんに効いて、人気だという「味噌味」を注文しました。
ちなみに注文は、2人前(1700×2=3400円)からです。

10分ぐらい待ったころに、もつ鍋(2人前)登場!
もつ鍋

すでに出来上がっているもつ鍋と、おかわりの野菜です。
鍋を、テーブル備付けのIHコンロに置いて保温するだけというスマートさ。
カセットコンロでぐつぐつやるのかと思っていたのでちょっと驚きました。

お味の方は、もつがトロふわっとして美味しくて、キャベツが味噌とよく合います。もつも野菜もボリューム十分ありました。2名で2人前はちょっと多いぐらいかも。

次回は、2名の場合は、明太子は我慢して、もつ鍋に胃袋を集中しようと思います。
ご馳走様でした。

おまけ。女子トイレの前室が、老舗ホテルのようでした。
女子トイレ前室